データの企画・編集

効率的なデータ整備のため、社内インフラの向上をはかる

地図データの鮮度を保つための欠かせない作業の一つに「現地調査」があり、その際に使用するサポートアプリケーションの開発を行っています。以前は人手による調査だったため、紙 地図に書き込んだ膨大な調査結果をシステムに反映するのに時間がかかるなど多くの課題がありました。そこでスマートフォン一つで作業ができるよう、ゼロベースから試行錯誤を重ね、新システムの設計・開発を続けてきました。結果、実際に利用する調査員から高い評価をいただくことができています。
これまでの仕事で忘れられないのは、入社3年目の時に担当した、仕様が異なる2つの地図データを一本化するプロジェクトです。全製品の仕様把握から、他部門への対応依頼、データの仕様調整に至るまでの取りまとめを行いました。悪戦苦闘の連続で、先輩に指導を受けながら進めました。先輩は決して答えを教えてくれず、自分で考える余地を残します。当時は苦しかったですが、おかげで成長できたと感じています。もちろん私の後輩への指導もこの方法です。

自分で考え、挑むことが
成長へつながる。

福地 佑太Yuta Fukuchi

ソフトウェア情報学部 ソフトウェア情報学科 卒
2007年入社

interview先輩社員インタビュー

他の社員のインタビューはこちら

1データの
整備・管理

鈴木 崇史

鈴木 崇史流通情報工学科
情報通信工学研究 修了
2005年入社

3企画

宮田 貴大

宮田 貴大情報科学部
情報ネットワーク学科 卒
2009年入社

4開発

佐々木 美紗

佐々木 美紗ソフトウェア情報学部
ソフトウェア情報学科 卒
2012年入社

5営業

河端 さやか

河端 さやか教養学部
社会科学科 卒
2005年入社